医薬品の個人輸入代行は違法行為?

くすりの個人輸入とはその名の通り、海外で販売しているおくすりを個人的に輸入することをいいます。

本来、医薬品の個人輸入が可能となっているのは、外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、海外からの旅行者が常備薬として携帯する場合などへの配慮により存在します。原則として、個人輸入は地方厚生局に必要書類を提出し、薬機法に違反する輸入でないことの証明を受ける必要があります。しかし、一定の範囲内(以下に示す)であれば、特例的にこの証明を受ける必要はなく、税関の確認のみで輸入することが可能です。

まず、たまに個人輸入代行で海外の医薬品を購入するのは違法行為だと思っている人もいるので、念のために説明しておくと、個人輸入代行は合法です。

1・一定量を超えない

2・個人で使用する

という2つの条件を満たせば医薬品の個人輸入は全く問題ありません。

薬事法では「個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。」とあります。

つまり、個人輸入して自身で使用するなら法的には問題ありません。個人輸入代行は、あくまで個人輸入の手続きを代行しているだけで、購入するのは代行を頼んだ個人になるため違法にはなりません。輸入した医薬品を販売・転売すると違法になります。

ポラリスなど一部の育毛剤には、一度に注文できる数量に制限があると思いますがこれは1の規制があるためです。(他だと医薬品成分に指定されているタウリンなども、購入できる量に制限があります)

どれくらいの量からアウトかというと、通常使用する場合の1ヶ月分を超えるとダメらしいですが、実際はかなり曖昧で僕もよく分かりません。

しかし、アウトになる可能性のある商品(成分)はたいてい、個人輸入代行業者が一度に購入できる量を制限しているので、うっかり大量に購入して逮捕なんてことはまずないです。

ちなみに、一定量を超える医薬品を一度に個人輸入する場合は、事前に関税に申告をする必要があります。

個人で使用することについては、”個人での使用”に限定してOKということなので、個人輸入で入手した医薬品を転売したり、人に譲ったりすると違法になります。(ちなみに国内で処方された薬であっても医薬品を転売すると違法です)

このルールを知らない人が勝手に薬を転売して、ときどき捕まったりしますがそれは個人での使用を超えているからです。

普通に自分の薬を輸入して、自分で使っている分には捕まることはないです。

このようにルールを守っていれば個人輸入は全然問題ないので、法律面を心配してた方はご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です