医薬品の個人輸入代行で買うときの注意点

以前までは体の悪い症状を治療する際には病院に行って治療薬を処方して治していくのが主流でしたが、現在では個人輸入をつかって簡単に医薬品を入手することが出来るようになりました。

そして個人輸入を利用するメリットは自宅に居ながら治療薬を購入することが出来るだけでなく、治療薬自体もかなり安いため病院で処方してもらうものと比較してみたら、安価に医薬品を手に入れることが出来ます。

医薬品の個人輸入代行で医薬品を購入しようとしている人は、これから説明する注意点を確認した上で、購入するかどうか考えましょう。

  1. 日本と海外の基準は違う

製品に対する品質や安全性など、日本と海外では基準が違います。

全く品質や効果などが検証されていないケースもあるので、注意が必要です。

効果がないだけでなく、有害物質が含まれていて、健康被害が出ているケースもあります。

  1. 不衛生な場所や方法で作られた可能性

不衛生な場所や方法で作られた場合、医薬品の中にウィルスや有害物質などが混入している可能性があります。その場合、医薬品を摂取したことが原因で、何か症状が出たり、別の病気にかかったりしてしまいます。

  1. 商品の効果がウソ

日本の医薬品は、承認されている範囲内でしか効果を表示することができません。しかし、海外医薬品の場合、虚偽または誇大に効果をうたっている場合もあります。

商品パッケージに書かれている有効成分が多すぎる場合や、表示されていない成分が入っている場合もあります。

  1. ニセモノ

海外では、正規メーカー製品の偽物が多く出回っています。

例えば、インターネットで手に入るED(勃起不全)治療薬は、半分以上が偽造品であったとの調査結果も出ています。

精巧に作られているものも多く、見分けるのは非常に困難です。

  1. 個人使用と商用輸入の明確な違いを知る

商品を輸入する場合は、輸入するが非常に重要になります。輸入する目的としては「個人的に使用するもの」「商売用に輸入するもの」の二つがあります。これらの違いによって、関税の計算方法や適用される法律が異なります。

例えば海外のクッキーを輸入するとします。この場合、個人的に楽しむ分なら問題はありません。しかし、クッキーを「売る目的で輸入する」税関の許可とは別に         「食品衛生法」の規制を受けることになります。

海外から商品を輸入するさいは様々な注意点があることがわかりました。特に重要だと思う点は、「商用利用と個人利用との取り扱いの違い」、「輸入が禁止になっている商品、規制されている商品」を把握することです。輸入実務の世界では「知らなかった」では済まされないことが多いです。もちろんそれ相応の責任を負わされることになりますから十分に注意をして輸入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です