薬のネット通販は信頼できる?|ネット通販の安全性について

薬のネット通販の安全性はどうですか。信頼できますか。実は、薬のネット通販はほとんど医薬品の海外代行、個人輸入となります。当サイトでは、薬のネット通販についてご紹介いたします。ネット通販の安全性について分析いたします。薬ネット通販を了解したい方は是非ご覧になってください。

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、体外診断用医薬品又は再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)を、海外からインターネット等を利用して取り寄せ、又は外国の旅行先で購入して持ち帰る等(いわゆる個人輸入)して、使用される方がいらっしゃいますね。実は、薬品のネット通販は普通の商品と同じで、ネットでの購入手続きは一緒です。

違うなのは、薬のネット通販はほぼ海外輸入ですので、関税とかはあります。でも、それも全部代行者のほうが行いますので、薬品の購入方は、商品の到着を待つだけでいいです。

では、それから、薬ネット通販をしている時いくつかの注意点があります。それからはそれについてご紹介いたします。

  •  医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業のために輸入するには、薬事法の規定により、厚生労働大臣の承認、許可等が必要です。購入する前には、ぜひそれを確認してください。ぜひ正規品通販しているサイトで購入しましょう。
  •  一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要があります。
  •  薬ネット通販は制限がある薬品があります。まずは、麻薬及び向精神薬があります。「麻薬及び向精神薬取締法」の規定により、医療用の麻薬又は向精神薬を、医師から処方された本人が携帯して入国する場合を除いて、一般の個人が輸入することは禁止されており、違反した場合には処罰されます。 (本人が携帯せずに、他の人に持ち込んでもらったり、国際郵便等によって海外から取り寄せることはできません。)次は覚せい剤及び覚せい剤原料です。また、大麻も制限薬品となります。

以上は、薬品ネット通販の基本情報になります。実は、ネット通販はそれなりの危険性もあります。医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありませんので、購入するときはぜひご注意ください。

個人輸入されるジェネリック医薬品の関連

シアリスのジェネリック医薬品

レビトラのジェネリック医薬品

女性用媚薬